さすらひの暇人の気まぐれな旅日記


気の赴くままに。
by sasurahi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

八ヶ岳へ。その2

山頂から少し下ったところにある山小屋、赤岳天望荘にて宿を取った。
遠回りのコースを取ったこともあってか、小屋に着いたときにはすでに夕方5:00近くになっていた。山では大分遅い時間であり、まさに夕飯が始まるそんなタイミングだった。当然中は慌しく、僕らの受付は後回しにされて先に夕飯に。飯は山小屋にしては珍しいバイキング形式となっており、ご馳走と言うわけにはいかないが、選択の自由があることはやはりうれしいもので、それなりに楽しめるものとなった。
a0035592_252417.jpg

 夕飯後の受付(チェックイン)時、キャンセルで個室が空いてるとのこと。大部屋は安いけどゆっくり出来ないなぁと思っていたので、とてもラッキーである。そんなわけで僕らは迷わず個室を選ぶ。八ヶ岳にきて新鮮だったことは、あちこちの山小屋に”お風呂”があることだ。今まで何回か山小屋に泊まることがあったが、数少ない経験の中でもお風呂と言うのは聞いたことがない。しかも山頂に近い山小屋で。今回泊まった山小屋、天望荘にもその”お風呂”があった。もちろんお風呂といってもシャワーとか大浴場があるわけではなく、おっきい五右衛門風呂に限りなく近いものだが、汗だくになっていた僕らにとっては、とんでもなくありがたいものであった。湯船に漬かっていると、大学生風の一人の青年が入ってきた。少し山の話をしたが、その会話の中に、なんとなく若さを感じている自分がいた。うーん、それだけ僕がおじさんになったということだろうか(笑)。。。
PM7:00過ぎ、風呂から上がり個室へと戻る。横になると疲れからかすぐに眠気がやってきた。僕はそのまま深い眠りへと突入していった。(後で聞いたが友人はあまり眠れなかったみたい。僕のいびきがうるさかったかな(笑)。)
[PR]

by sasurahi | 2005-09-13 02:09 | 登山
<< 八ヶ岳へ。その3 八ヶ岳へ1 >>