さすらひの暇人の気まぐれな旅日記


気の赴くままに。
by sasurahi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

愛車の紹介。

 2005年の12月4日、これから長い付き合いとなりそうな、Forester STi versionが納車された。
a0035592_2230042.jpg

 Forester STi versionはエンジンに2.5l BOXER DOHC 16VALVE AVCS TURBOを搭載しており、最大トルク378Nm、最高出力が195Kw(265馬力だそうな)を出すことが可能・・・と書いてある。STiはミッションのみで、6速マニュアル、サスペンションは倒立式ストラット、ブレーキにはブレンボ製のブレーキシステムを使っている。・・・と、まぁ街で乗るにはまったく必要ない超オーバースペックな車で、いったいどこでこの実力を発揮できるのだろうか・・・と我ながら飽きれてしまう(笑)。しかしながらハイスペックなだけあり、加速性は抜群。出だしからあっという間に100km/hまで出せてしまうのは、流石の一言だ。また、一度高速に乗ってみたが、安定性が良くて(車体の剛性がいいらしい)、しかも120km/hからでも更に軽く加速できるのは、すごい。。。
 が、加速がいいということは当然燃費が悪い。まして2.5lである。燃費が悪いのである。今の所大体8.9km/lといったところだ。信号停止で、先頭のとき、信号青でGo!!・・・そろ~っとスタートして、ようやくこの燃費なのである(性能がまったく生きていない)。また、この車はクラッチがとても重い。というか、スバル車は昔からクラッチが重いらしい。。。なのでそろ~とスタートするのが結構大変なのだ。というわけで足がピクピク攣りそうになりながら重いクラッチをビミョーにコントロールする必要がある。最初に乗ったときは、足が筋肉痛になったものだ(笑)。
[PR]

by sasurahi | 2006-03-04 23:17 | 趣味
<< 室堂でのソフト 年末年始いろいろ。その4(金沢... >>