さすらひの暇人の気まぐれな旅日記


気の赴くままに。
by sasurahi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

友人、九州来訪。

 今月は頑張って8件投稿できた。先月分のリカバーも兼ねている。実際の内容と言えば、写真と些細な日常のことで、あまり考えて投稿出来ていない。はっきり言ってごまかし(笑)。が、何事もそうであるが、継続出来て意味がある。あまり踏ん張り過ぎない事が大事なのかもしれない。特に僕のような飽きっぽく続かない人には(笑)。
 先週末、修士の時につくばでお世話になった、度々過去ブログで登場するつくば在住の友人が、九州まで遊びに来てくれた。22日北九州空港に14時過ぎに着ということで、ちょうど僕の会社も休みだったこともあって、台風被害にあった車で迎えに行った。5月の連休以来、久々の再会であったが、やっぱり持っている雰囲気というか、オーラは変わっていなく遠目にもすぐにわかった。その日のうちにカルスト台地で有名な平尾台まで走りに行き、小倉市街地へ戻る。夜は飲みに出かけたが、実は送別会シーズンでその週三回目の飲みであった。これが次の23日に後を引く事になってしまう。23日は福岡市内を散策。連ちゃんの飲みが祟って、朝からとても調子が悪く、目のピントを合わせるのもキツイぐらいだるい。すぐに顔に出る僕は、明らかに調子が悪かったと見え、あまり友人は話しかけてこなかった。折角来てくれているのに申し訳ない事をしてしまったと反省。
 僕が住んでいる北九州市から福岡市博多までは66kmぐらい離れている。僕の地元、富山で喩えるなら、ざっくり富山市と金沢市ぐらいの感覚。関東で言うと、上野とつくば市ぐらいの感覚で、電車にして1時間ちょっとぐらいだ。九州に縁が無いと距離感覚が全然わからないためわりと近い感覚を持っている人が多いのだが、北九州⇔福岡市の間には山地があったりして同じ福岡県の中でも意外に結構離れているのだ。福岡市の人口は約140万人。市中心部は天神地区で、デパートやら、地下街、ショップが並ぶ。そこから少し東に歓楽街の中州(文字通り中州にあるのだが)、そこから少し南東に少しごちゃごちゃした感じで博多地区があり、博多地区の外れに博多駅がある。写真は天神地区の地下鉄入り口より。
a0035592_23185352.jpg

 友人も僕も福岡ドームを見た事がなかったので、まずは福岡ドームを目指した。福岡ドームは天神から更に北西に行ったところにあり、目の前が海というシチュエーションにある。着いたら潮風がとても強く、潮の香りが辺りを包んでいた。
a0035592_018891.jpg

 福岡ドームは遠めに見るときれいでカッコイイが、近くで見ると日本海側の潮風にさらされてなのか、ひび割れ、タイルの脱落など劣化がとてもひどかった。ちょっと前に流行った違法建築なんじゃないかという感じである。ちょうどこの日、フォークスvsオリックスの試合があるということで、沢山のフォークスファンが列を作っていた。
 福岡ドームを後にした僕達は、天神をぬけ、博多地区にあるキャナルシティーへ向かった。キャナルシティーは僕の希望で行ったのだが、何かと言えば、わかりやすく言うと、でっかい複合施設で、生活雑貨から、ファッション、グルメ、映画館、劇場、ホテルと、一つの都市のようになっている。主として4つのビルで構成されているが中ではとても複雑に繋がっていて、どこからがどのビルという明確な区別がない。確かイタリアだったかの有名な建築家に依頼して設計したらしく、4つのビルが水が流れている中央の吹き抜け(?)を囲みとてもオシャレな造りになっている(ちなみに運河の近くにあるのだがキャナルは運河ということのようだ。)。交通の便が悪いのが欠点だが、それでも沢山の人がいた。それなりに儲かっているのだろう、隣にもう一つ作ろうとしているようで、先日用地買収を開始したとのニュースをやっていた。JR博多駅ビルを新しくすることに合わせた動きなのかも知れない。数年後には博多地区は大きく様変わりしているのだろう。じっくり見ていてはとても一日では終わりそうも無いので、ザックリ掻い摘んで見て回ったがそれでも、数時間があっという間に過ぎて、もう夕方になっていた。折角来たのだからということで博多ラーメンを食べに行こうということになったが、店を探すのも面倒ということで、キャナルシティー内にラーメンスタジアムという所があったので、そこへ行ってみた。九州を中心にご当地ラーメンが10店舗ほどあり、もちろん博多ラーメンもあった。九州といえば熊本ラーメンも有名なのだが、それもあった。折角なのでということで、博多ラーメン&熊本ラーメンを頂くことに。博多ラーメンは余裕で、次の熊本ラーメンは勢い(笑)で食べた。
 次の日、今度は北九州を見て回ろうということになった。まずは北九州市街地から15km程離れた所にある菅生の滝。車で行けると書いてあり行ってみると、途中恐ろしく細い山道が続く。ここで合っているのか不安になるも、とりあえずすれ違う車がある(すれ違うのに一苦労なのだが)から多分合っているのだろうと勇気を持って進む。・・・というかとてもUターンする所がないので進むしかないのである(笑)。しばらく行くとちょっと開けて、駐車場が見えた。そこに車を止め、ちょっと歩くと菅生の滝が見えた。 そこになぜかたこ焼きが売っていたので、滝を見ながらたこ焼きを食べた。意味不明(笑)。
a0035592_0392085.jpg

 その次に、北九州市で唯一成功している観光スポットである門司港レトロを目指す。と、その前に近くにある関門橋を見物。関門橋の写真はよく見るし車で渡った事も数回あるが、実際にじっくりと見たことは無かった。関門橋のすぐ下に神社があり、そこから眺める関門橋はなかなかのものだった。
a0035592_0545541.jpg

a0035592_057866.jpg

 次に向かった門司港レトロだが、これは、明治、大正時代に繁栄した国際貿易港、門司港の面影を今に留めた観光地区の事で、今と昔の街並みがとてもうまく合って情緒ある落ち着いた街の雰囲気をかもし出している。明治の頃の建物など沢山あったが、着いた時には既に夕方になっており、残念な事にほとんどが閉まっていた。海峡プラザという建屋が開いていたがその中の雰囲気は横浜の赤レンガ倉庫のような感じでお土産やら雑貨やら、色々見て回るものがあった。写真は門司港レトロ展望室からの夕方の門司港。
a0035592_1184014.jpg

a0035592_1185548.jpg

 その後、北九州空港まで送っていき、友人はその日の夜の便で帰っていった。僕の体調がよくなかった事もあってあまり福岡らしいところを接待できなくて、悪い事をしてしまったと今になって思う。お酒の量を控えるとかすれば、体調管理は十分に出来たわけで。。。次回から気をつける事にしようと思う今日この頃である。
[PR]

by sasurahi | 2006-09-30 23:22 |
<< 去年の今頃。 ぐーぐる・あーす >>