さすらひの暇人の気まぐれな旅日記


気の赴くままに。
by sasurahi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

伊吹山

 さて、山の投稿に戻ろう。今回は伊吹山である。標高1377m、琵琶湖の東に位置し、滋賀県唯一の百名山である。この山に登ったのは2005年5月7日のことだった。5月の連休は言ってみれば登山シーズンの幕開けであり、学生の頃から毎年どこかに登りに行っているのだが、この年2005年は伊吹山にて始まる事となった・・・、と、カッコよく書いているが、実はこの年は転勤があったりしたので伊吹山と八ヶ岳の2つしか登山には行っていないのだ(笑)。
 話は逸れたが、天気はというと限りなく雨に近い曇り。最寄り駅(なんていう駅だったかは忘れた)に降り立つと、そこにはたぶん目的地が同じだろう格好をした50代ぐらいだろうか、夫婦がいた。タクシーに乗ろうとしていたので、尋ねてみたところ、やはり目的地は一緒だったので登山口まで同乗させてもらう事にした。
 登山コースとしては途中まではスキー場を横目に見ながら昇っていくことになる。上空には雲が立ち込めていたが、スキー場のあたりまではまだ雲の下だったので、結構景色がよかった。
a0035592_2332975.jpg

a0035592_2344381.jpg

 だが、山頂の方を見上げるとやはり隠れていて頂が見える気配すらない。それどころか登るにつれ徐々に雲が近づくと、猛烈な風の唸りまで聞こえてくる。とても嫌な予感がするもさらに登り続けると案の定風が強くなってきて、頂上近くの尾根のようなところに来た時には、身をかがめていないと煽られそうになった。そんなわけで、頂上は真っ白で、且つ強風が吹き荒れ、体感温度が下がってとても寒く、散々たる結果だった事は言うまでも無い(苦笑)。一緒に登った友人は、その後会社の人とリベンジしたらしく、羨ましい限りである(^^)。
a0035592_23295275.jpg

 下山後は近場にある温泉施設にて疲れた身体を解し帰って来たのだった。
[PR]

by sasurahi | 2007-04-27 23:11 | 登山
<< 営業利益2兆円?? リニアモーターカー >>