さすらひの暇人の気まぐれな旅日記


気の赴くままに。
by sasurahi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2005年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


そろそろ、冬。

 やっぱりそれなりに更新している。週二回ぐらいを目標にと思ったが、それを上回るペースだ。やっぱり暇なのだ(笑)。あまり頑張ると、すぐにネタが尽きそうなので、ほどほどに手を抜かねば・・・(^^;)。
 19歳になるその年の春から僕は上京したので、ちょうどまる10年間の秋冬を関東で過ごしていたことになる。いつの間にか人生の1/3を占めていた。色々あった短いようで長い10年。お金がかかり暮らすには苦労する土地ではあるが、いい友人たちにも恵まれ、愛着のある土地である。話は逸れたが、そんなわけで、秋冬を日本海側で過ごすのは、実は10年ぶりとなるのだ。寒気が入ってきたときの独特の天候や空気、匂い、を感じて街を歩くと、時々ふとした拍子に昔の記憶が蘇ったりすることがある。おそらくそういう感覚と一緒に記憶されているのだろうが、なんとも面白いものだ。もうじき本格的冬到来となるが、北九州はどんな感じなのか、初体験だ(^^)。
[PR]

by sasurahi | 2005-11-23 00:15 | その他

FTTHその2

 それにしても、結構細くて長い電話の管にどうやってファイバを通すのだろう・・・と思い、業者の作業を更に目を釘付けにして見ていた。すると、針金のような管を通すための専用の道具を持っていて、それを先に通した後にファイバを括り付け引っ張って通すようだった。部屋の方から針金のようなものを通し始める作業に入った。こんなのでうまく通るのかな?と思ってみていた所、やはり途中で引っかかって入っていかなくなった。すると今度はよりぶっとい針金を持ってきて作業に入る。流石に色々と道具があるものだと思い見てたがこちらも同じく途中で入らなくなった。となると考えることは一つで、逆から通しませぅ~ということになり、こちらは無事通った。ファイバを括り付け力任せにグイグイ引っ張っていたが、ファイバは脆いのに大丈夫かと思っていたが、何重にもごっつくコートされていて、その辺は大丈夫そうだった。通ってきたファイバはどうやら3本束ねられていて、内1本をアダプタに結線、2本は切断してそのままに。その2本はおそらく予備と思われる。ということで工事が完了し、LANを接続、PCを立ち上げいよいよネットへ接続。
 接続にはもう業界標準となりつつあるPPPoEを使用。無事接続出来、早速、速度評価のページにて速度を測定をすると、20Mbpsであった。100Mには遠く及ばないが、以前使って環境よりは遥かに早くなったので、よしとした。(その後更に調査を進めると、どうやら、BBIQから外へのネットワークに接続している所のサーバでレスポンスが遅いこと判明。おそらくは出口に当たるのでBBIQ中からのアクセスが集中していることと、セキュリティ機能を持たせていることが予想され、そのことによる負荷によってレスポンス悪化があるのではと考えられる。)
 というわけでそんなこんなのFTTHデビューとなった。
[PR]

by sasurahi | 2005-11-20 00:30 | 趣味

FTTHその1

 それなりに更新できていることは、いいことなのか、それとも知人がいないことで暇になった証拠だろうか。。。(笑)
 本日は我がネットワーク環境に関して(ちょっぴりじまん(^^))。10月の終わり頃に月初めに申請していたネットにようやく繋がった。九州電力が運営しているBBIQだ。電力系だけあって、ネットワーク環境には100Mの光での接続となっている。引越し早々ネットに繋ぎたい旨を管理会社に聞いたところ僕の借りてるところまで既に基幹のファイバが来ているとのことだった。なので工事は簡単なもので済みそうだった。早速BBIQに連絡を取り、アクションを開始。BBIQの営業担当の人もえらく積極的でこれならスムーズに手続き完了するかと思いきや、申請してから工事業者からの連絡が待てど暮らせどこない。痺れを切らして、営業担当者に直接電話。すると”すぐに連絡を取らせるようにいたしますっ!”とのこと。確かに次の日には連絡がきて、今週ならいつでも行けます!とのことで・・・、ならなんでもっと早く工事に来なかったんだー!と心の中で叫ぶ。その週末は先にも書いたが、川崎に出張でいない予定だったので、普通の日にしてもらうことに。ただ会社は休めないので、大変申し訳なかったが、夕方から夜にかけてして頂いた(^^)。
 なにせ光は初体験でどういう風な感じになるのかイメージが掴めなく、興味津々で工事をじっと見ていた。業者の人が来るやいなや、電話のコンセント(?)はどこにあるかと聞いてきた。それを聞いて、なーるほど~、電話線を使ってVDSL見たいにやるのか~と思っていたら、いきなり電話のコンセントがついているパネルをこじ開け始めた。怪訝そうな顔で僕が見ていると、業者の人が説明してくれて、電話線の管を使ってそこにファイバーを通すとの事。え?ということは、本当に部屋までファイバーが来るということですか?て聞くと、そうです、とのこと。僕が学生の時は実験室でしか見たことが無く、とても日常では考えられなかったが、日進月歩時代は常に進んでいて、そんな技術が日常の生活のすぐ間近まで迫っていたことを改めて実感して、僕は少し感動を覚えた。
[PR]

by sasurahi | 2005-11-18 00:28 | 趣味

10月28日、川崎出張ついでに。

 10月28日(金)に川崎出張となった。
 週末ということで、埼玉在住の友人に連絡を取り泊めてもらうことになった。友人とは高校、予備校のときからの腐れ縁で、僕と同様、大学進学時から上京してきていた。実は彼は3年間ほど転勤で海外にいた。僕の九州転勤とほぼ時期同じくして帰国していたが、お互い引越しということもあり、会えずに今に至っていた。というわけで正月の一時帰国以来の久々の再会に。
 待ち合わせの駅に降りると、帰国してすぐに買ったという新車(レガシー)で迎えに来てくれていた。久々に会ったが相変わらずで(多分お互い(^^))、変わったかなと感じたのは少し焼けたかなというところぐらいだ。”やっぱり日本はいいわ~”って話から始まり、僕の方の九州の話、そして車の話へ。自分も買おうかと考えていたので、結局夜中まで車談義に花が咲いた。
 次の日、友人の新車にてドライブ&買い物へ行くことに。目的地は栃木の佐野にあるプレミアムアウトレット。AM8:00、前日の車談義が祟ったか(^^;まだ眠い目をこすりながら出発。途中朝マックにて腹ごしらえをし、8:30頃高速に乗る。近いもので10:00には佐野プレミアムアウトレットに到着していた。
 プレミアムアウトレットは、USAにてアウトレットを運営しているチェルシーUSAと、三菱系の会社、それとどこかもう一社での合弁会社で運営されていて、日本では御殿場、りんくう、佐野、鳥栖、土岐の5箇所にある(もちろんプレミアムアウトレット以外の系列のアウトレットも日本のいたる所にある。)。僕は御殿場とりんくうは行ったことがあったが、佐野はまだなかった(ちなみに鳥栖は九州にあり僕の住んでいるところからもそう遠くも無いので、ぜひ行ってみたいところではある。)。店の並びは、上空から見ると縦に長い”日”の字に通りがあってその通りを囲むように並んでいた。店舗数は約100あり、見て歩くだけでも飽きない。あっという間に数時間が過ぎてしまう。
a0035592_1330595.jpg

 僕は、白っぽいジャケットで、もし良いのがあれば欲しいと思っていた。持っているジャケットといえば、デニムの黒っぽいジャケットと茶色のジャケットしか無く、色のバリエーションを増やすのに白っぽいジャケットが欲しいと思ったのが理由だ。何件か見て回ったが、どれもピンと来ず。そんな中、ユナイテッドアローという店にふら~っと寄ったところ、なかなかよさげなジャケットを発見!飾ってあるのが二着しかなく、内一着は小さくて着ることが出来ず、結局僕の体系に合うのは一着しかなかった。恐る恐る値札を。。。そこには16500円⇒11000円セールの文字が!さすがはアウトレットである。んなわけで衝動買い。その後、adidasによって、フラフラ見ていたところ、これまたよさげなコートがあった。会社用に着ていたダウンジャケットはもうボロボロで中の羽までは辛うじて出てきてないものの、ポケットは破けて哀れ極まりない事をそのときふと思い出した。見た目は薄そうでホントに寒い場所では厳しいかと思ったが着てみるとかなり暖かくてびっくり。値段が張るかと思ったが、ここはアウトレットで5500円ということでさらにビックリ。んなわけで一気に気に入って衝動買いへ(^^;。・・・なんだか、まんまと罠にかかっている様なそんな気がした(笑)。
 帰り、栃木まで来たので折角なら本場の”餃子”を食べに行くことになった。餃子のためだけに高速を走り、宇都宮市内の有料駐車場に止め、街を散策。僕の中では餃子といえばラーメンといった具合に、餃子だけしかメニューが無い店の感覚が無かったが、宇都宮では普通にそういった店が軒を並べている。人気のある店は行列が出来ており、なんとも不思議な感覚だった。大阪で言うたこ焼き屋さんみたいな感じなのだろうか。僕らもその列に並んだ。待たされること15分、ようやく店内へ。出てきた餃子はさすがに専門店だけあって旨い!これが味わえるなら、高速使ってわざわざ来たかいがあったというものだ。
a0035592_13315893.jpg

 そんなこんなの出張(?)であった。
[PR]

by sasurahi | 2005-11-13 01:40 |