さすらひの暇人の気まぐれな旅日記


気の赴くままに。
by sasurahi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧


桜咲く季節・・・

 こんなブログでもたまに訪れてくれる人がいるようで、ありがたい限りである。リンクをしてもらっている先があったが、こちらからリンクは張っていなかった(というか、リンクの張り方がわからなかったのだが(笑))。んなわけでTOPメニューにリンクを張らせていただいた。ぜひ参照くだされ。
 今日も快晴だった。最近は珍しく週末晴れが続いている。ゆっくりだけど着実に季節が変わっていることを実感する。桜の開花が全国で聞かれるようになってきたが、ここ福岡でも先日ようやく桜が開花した。先々週まで雪が降っていたので今年は遅いのかと思いきや、数日早い開花らしい。今日はとても暖かかったので大分開花が進んだかなと、小倉市街地までの買い物ついでに、中心部を流れる紫川(むらさきがわ)沿いの桜を眺めてみるも、まだつぼみに限りなく近かった。
 そんなこんなで、暖かくなってきたこともありサイクリングも兼ねて市街地へ買い物に出かける。以前にも書いたかもしれないが、僕の住んでいる所は市街地の外れに位置しており、小倉から日豊本線(JR)の駅2つ分、自転車で15分ぐらいだ。僕の実家、富山市に住んでいる人にはイメージしやすいが、地理的な位置関係は富山市に近い。路線図の感覚はちょうど北陸本線と、高山線の関係にあり(小倉で言う鹿児島本線=北陸本線、日豊本線=高山線)、市街地をまっすぐに貫く平和通り(322号線)とそこを走るモノレールは41号線、紫川にあたるのが神通川であり、小倉市街地の位置は富山市に当てはめるとちょうど富山市街地の辺りになる。・・・うーん、こう考えると、不思議なぐらい位置関係が良く似ている。。。
 さて、日豊本線を渡り区役所前を抜け、紫川の橋へと差し掛かる。紫川とその周辺は今再開発が進んでおり、景観が美しい。僕は紫川のこの橋から、市街地を望むこの景観がとても気に入っていて、通るたびに一旦自転車を止め眺めていく。今日は何かイベントが催されているらしく川にボートが出ていた。
 
a0035592_1351521.jpg

 さらに市街地へ向けて自転車を走らせる。あまり中心までいくと自転車も駐輪代を取られてしまうので、一歩手前の電気屋さんの駐輪場に停める。電気屋さんには悪いがそこから今度は歩きだ。まずはお金を下ろしに行き、ギターの弦を探す。楽器屋さんは以前に3件見つけていたが、そのうちの1軒にYAMAHAの専門店があった。YAMAHAの弦を探していたので、ここならあるだろうと行ってみるもピアノが中心で、スーパーライトゲージはなし。しょうがないので、アーケード街にある楽器屋さんでゲットする。次に本屋さんへ。QUESTという井筒屋が運営している本屋があり、そこそこの規模の本屋である。専門書を探そうとすると数が少ないが、今回は雑誌と漫画なので、十分要求を満たしてくれる。QUESTの隣のビルには無印が入っており無印が好きな僕は早速お邪魔する。シェルフに収める収納ボックスでちょうどいい大きさのものを探していたところ、まるで買ってくれと言わないばかりに想像通りのものが見つかる。しかしコンパクトな収納ボックスにもかかわらず、値段が3500円もする。どう考えてもぼったくりと思いつつも、これ以上イメージ通りのものはないだろうと思い買うことに。ふとメンズに目が留まる。そう言えば、春物でいいシャツが欲しいなと思っていたので、覗く事にした。いい感じで淡いブルーのシャツがあったが、Lが無い。下のM、上のLLはあるのだが・・・いいなと思うものは皆同じなのかと心の中でため息しつつ他の棚を見てみる。今度は淡いグリーンのシャツに目に留まる。あまり売れている感じが無かったが(ちょっと狙っている年齢層が高そうなデザインなのかな?とはいっても自分も十分年齢が高いのだが(笑))、個人的には気に入ったので、購入することにした。
 久々に街中を歩いてみたが、春の陽気かなんとなく街が活気付いてみえる。日本はやっぱり四季があるのがいいんだろうと最近は思う。同じ場所にも移り行く季節によって違う顔を見せてくれるからだ。これが、年中夏とか、年中冬とかだったら、きっとつまらないものになるだろう。寒い冬があるからこそ春が引き立ち、その春が次に来る夏を想像させるように、4つの季節の絶妙なコラボレーションがその舞台を演出しているのだろうと感じる。・・・って、やっぱり発言がおじさんになっているかな。気持ちはまだまだ二十歳なんだけど。。。(笑)
[PR]

by sasurahi | 2006-03-26 03:09 | その他

戦車・・・じゃなくて、

 今日は快晴だったこともありドライブついでに洗車に行って来た。
先週は雪が降ったり雨が降ったり、かと思ったら晴れたりと天気がめまぐるしく変わっていたが、今日からようやく3日間は晴れそうだったので、このタイミングと決めた。黄砂が混じっているのか、このごろの雪や雨にはやけに砂が混じっていて、車が見られたものではなかった。1ヶ月に一度は洗車が必要だと感じた。コイン洗車場に行こうかとも思ったが、面倒だし、ということもあり、ガススタンドにて手洗いでやってもらった。洗車の間待っていると、僕のフォレスタの横に別バージョンのフォレスタが来て、これも同じく洗車し始めた。横に並んで仲良く洗車している光景はなかなか面白い。終わり頃になって、また更に別バージョンのフォレスタが入ってきて、洗車し始める。同時に3台のフォレスタがガススタンドで洗車している光景はめったに見られないだろうなとふと思ったりした。偶然とはホントに面白い。ともあれ、きれいになり、なんとなくうれしい今日この頃である。
 ドライブは大分県中津市という福岡との県境に近いところにある、道の駅”しんよしとみ”まで行って来た。僕の住んでいる所からは片道約50km、往復100kmといったところだ。洗車したり渋滞にはまったりとのんびりしていったので、着いたときには夕方になっていた。ちょうどバザーをやっていて、その後片付けが始まるか始まらないかぐらいのそんなタイミングだった。ここは少し変わった道の駅で奈良時代だかの遺跡の上にある。今は紹介がされているだけで遺跡のあとはほとんどないのだが、1500年もの昔にすでにここに人がいたんだなと思うと個人的には興味を誘われるのだ。さて、ここオリジナルの品、とうふクッキーがあったので、面白半分に買ってみた。帰ってきて食べてみたが、なかなかおいしくて、次に行く機会があれば、また買ってみようと思った。
[PR]

by sasurahi | 2006-03-20 01:39 | 趣味

ジャージー牛ソフト

 鳥取県境に近い岡山県にジャージー牛という牛がいる地域がある。結構おいしい牛乳(濃い牛乳)で有名らしい。そーいえば実家でジャージー牛プリンというものを食べたことがある。おいしいのだ。さて、大山にスキーに行った帰りのサービスエリアにて、そのジャージー牛ソフトを発見。寒い中食べてみる。これはさすがにうまい!本格ソフトである。岡山に行った際には足を運んでみるのもいいかもしれない。
a0035592_15205970.jpg

[PR]

by sasurahi | 2006-03-05 15:21 | ソフトクリーム大特集

サツマイモソフト

 山梨の昇仙峡を訪れた際、途中のダムの近くにあった、食堂にて見つけたソフト。サツマイモがソフトの中に溶かし込んであるらしい。食感がザラザラしていて、バニラとサツマイモの風味が以外にマッチしてこれは結構いけてた。鹿児島でもそれなりにありそうだ。
a0035592_1593549.jpg

[PR]

by sasurahi | 2006-03-05 15:09 | ソフトクリーム大特集

八丁味噌ソフト

 きました、八丁味噌ソフト。名古屋名産の八丁味噌をソフトの中にあしらえた絶対ここにしかないだろうソフト。電波塔の中にて発見しました。まず買うのに勇気が必要です。次に食べるのに勇気が必要です。男が試されます。風味は食べた瞬間、甘みの中に仄かな塩っ辛さが効いてきて、その後味が八丁味噌です。名古屋に訪れた際にはぜひ!
a0035592_1515422.jpg

a0035592_150530.jpg

[PR]

by sasurahi | 2006-03-05 14:59 | ソフトクリーム大特集

ブルーベリーソフト

 スキーに行った帰りに山梨のどっかのサービスエリアにて食べたソフト。これはブルーベリーなので結構どこにでもありそうだ。
a0035592_1450387.jpg

[PR]

by sasurahi | 2006-03-05 14:50 | ソフトクリーム大特集

よもぎソフト

 引き続きまして、富山の小矢部サービスエリアにて発見した、よもぎソフト。ありそうであまり見かけない一品だ。風味はというと、バニラの中に仄かによもぎの香りが。。。そのまんまです。
a0035592_14464027.jpg

[PR]

by sasurahi | 2006-03-05 14:47 | ソフトクリーム大特集

室堂でのソフト

 だいぶ写真が溜まってきたので、日本各地での名産・面白ソフトのご紹介。
 まずは、なぜだか本ブログのロゴにもなっている立山黒部アルペンルートの室堂ターミナルにて発見した、雷鳥ソフト。これは下がスポンジ生地になっていて、暖かい。ソフトなのに暖めてあるのである。
a0035592_14381782.jpg

[PR]

by sasurahi | 2006-03-05 14:39 | ソフトクリーム大特集

愛車の紹介。

 2005年の12月4日、これから長い付き合いとなりそうな、Forester STi versionが納車された。
a0035592_2230042.jpg

 Forester STi versionはエンジンに2.5l BOXER DOHC 16VALVE AVCS TURBOを搭載しており、最大トルク378Nm、最高出力が195Kw(265馬力だそうな)を出すことが可能・・・と書いてある。STiはミッションのみで、6速マニュアル、サスペンションは倒立式ストラット、ブレーキにはブレンボ製のブレーキシステムを使っている。・・・と、まぁ街で乗るにはまったく必要ない超オーバースペックな車で、いったいどこでこの実力を発揮できるのだろうか・・・と我ながら飽きれてしまう(笑)。しかしながらハイスペックなだけあり、加速性は抜群。出だしからあっという間に100km/hまで出せてしまうのは、流石の一言だ。また、一度高速に乗ってみたが、安定性が良くて(車体の剛性がいいらしい)、しかも120km/hからでも更に軽く加速できるのは、すごい。。。
 が、加速がいいということは当然燃費が悪い。まして2.5lである。燃費が悪いのである。今の所大体8.9km/lといったところだ。信号停止で、先頭のとき、信号青でGo!!・・・そろ~っとスタートして、ようやくこの燃費なのである(性能がまったく生きていない)。また、この車はクラッチがとても重い。というか、スバル車は昔からクラッチが重いらしい。。。なのでそろ~とスタートするのが結構大変なのだ。というわけで足がピクピク攣りそうになりながら重いクラッチをビミョーにコントロールする必要がある。最初に乗ったときは、足が筋肉痛になったものだ(笑)。
[PR]

by sasurahi | 2006-03-04 23:17 | 趣味