さすらひの暇人の気まぐれな旅日記


気の赴くままに。
by sasurahi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2006年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


20代最後の旅~その2~ フェリー編

 一週間に一回の投稿を目標にしているが、バタバタしており、なかなか投稿が出来ずにいる。
 20代最後の旅、その2。フェリー出港後、寝床の作製、荷物の整理等をしているとすぐにレストランにて夕食準備が整ったとの放送が流れた。以前にフェリーで屋久島へ行ったときに4時間乗った経験はあったが、今回のような2日間ものフェリーでの長旅は初めてで、まして船旅での食事は初めてだった。どんなものかあまり期待はしていなかったが、興味があり楽しみであった。すぐに行くと混んでそうだし、荷物の整理もあったので、少し時間を遅らせて行った。今いる所が5F。3Fにレストランがあったので降りていく。レストランといっても、豪華客船のようなリッチで優雅なものではなく、小さく個人まりとした食堂の雰囲気であった。それでも窓から見える対岸の夜景を背にして食事を取れるのはなんとなくリッチになった気分である(笑)。メニューは単品で魚、肉、その他惣菜と、和洋中から選ぶことが出来た。もっとレトルトな物を想像していただけに、選択肢の幅があることはうれしい。下手をすると会社の食堂より選択肢が多いかもしれないなどと考えたりしていた。ただパネルでしか置いてないので、どういったのもなのか文字から想像するしかない。しょうがなく、無難に鳥の照り焼きっぽいものを選ぶ。出てきたものは想像通りのものだった。味はおいしいとは言えなかったが、まずまずといったところか。
 食事を終えて、レストランを出る。そう言えば、車の中に本を忘れてきたな~と思い、取りに行こうと甲板に出てみることにした(甲板にある別の入り口から、駐車フロアへ降りていけるようになっている。)。扉を開けて甲板に出ると、すごい風で普通に立っていることも難しいぐらいだった。外はすっかり日が沈み、真っ暗な海と対岸の夜景が目に入る。風が唸りを上げている中に船が波を切る音が聞こえた。夜景がきれいだったが、風が強くあまり見ていられないなと思い、駐車フロアへ続く扉へと向かった。扉を開けようとすると、鍵がかかっており、”危険ですので施錠中”と書いてあるではないか。折角この日のために本を買い溜めして置いたのに・・・と自分の愚かさを恨みつつ、音楽でも聴いてようかと二等客室に戻った。
[PR]

by sasurahi | 2006-05-29 02:01 |

テレビの性能ようやく100%に。

 先日僕の暮す賃貸にJCOMというCAVTが入った。最近はほとんどTVを見ないのでCATVにはまったく興味が無いわけだが、テレビの性能を生かすという技術的なチャレンジには興味がある。
 もう一年半ぐらい前になるだろうか、当時関東で地デジが開始されていて、店頭に並んでいた地デジ対応テレビのハイビジョン画質の良さに感動を覚えた僕は、テレビをAQUOSの26型に買い換えた。当時僕が暮らしていた寮にUHFアンテナが設置してあるかとても疑問だったが、近いうちに地デジに変わることは間違いなく、また見れなかったとしても5.1chのサラウンドシステムを大画面で実現したかったので、それでも良かったのだ。しかしそうは言っても少しは期待しつつ、届いたテレビを早速試してみたが、案の定見る事が出来なかった。福岡に引っ越してきて、今度こそ見られるかと思ったら、放送開始が2006年7月からとの事(涙)。BSのアンテナまで設置する気は無かったので、結局テレビの性能を生かせずに今日に至っていた。
 さて話は戻り、JCOMになったことでアンテナが無くなって、地上波の信号もすべてCATVから送られてきているらしいことに最近気が付いた。ということはもしかして、BS、CSの信号も一緒に送られてきているのでは??と思い、早速今日BS/UV分波器を買ってきて試してみた。結果は思ったとおりで、見事無料チャンネルのBS、CSが見られた。デジタルチューナはもちろん内蔵なので、ハイビジョン画質を自分のテレビで初めて見ることになったが、やはり画質の良さに感動である。喩えるなら、メガネを新調してはっきり見えるようになったあの瞬間の心境だろうか。(って、目が悪くない人にはわからないかもしれないが(笑)。)
 技術の進歩を目の当たりにした瞬間だった。
[PR]

by sasurahi | 2006-05-14 19:50 | 趣味

20代最後の旅~その1~ フェリー乗船編

 27日会社を17:30に出る。連休直前に色々トラブルが発生し会社を出るのが遅くなった。バタバタしていたが事前準備済みだったので、帰宅直後に出発できた。が、それでも17:45を回っていた。渋滞に巻き込まれ、間に合うかとちょっとハラハラしつつも、18:35に新門司港に到着。乗船手続きを済ませ、車をフェリーへと乗せる。車のフェリー乗船は結構難しいのかと思っていたが、ベテランの係員の人の指示通りにハンドル捌きを行うとすんなりと乗せられた。流石に慣れている。僕は未だに自分の車の感覚がわからないのになぁ・・・と関心したりしていた。
 車から荷物を取り出し、客室へと向かう。駐車フロアは一番下にあたる。2Fフロアをあがるとそこが甲板になっており、一般乗客用の乗船口もここに繋がっている。乗客用フロアは甲板より上の3,4,5Fにあり、3Fに一等船室、レストラン、喫茶、売店、、4Fに1等寝台、乗務員船室、お風呂、ラウンジ、自動販売機、ちっちゃいゲーセン、5Fに2等船室、シャワー室、特等船室となっていた。車で乗船する場合は、一人分の2等船室(=雑魚寝部屋)が料金込みとなっているので、僕は5Fの2等船室へと向かった。まだ連休前の27日だというのに結構車が並んでいて、もしかして込んでいるのかなと思ったが、2等船室はさすがにガラガラだった。とりあえず、6畳分ぐらいのスペースを一人で確保できたので、早速毛布を借りてきて寝床の作製に取り掛かる。そうこうしている内に19:10出港の館内放送が流れ、ゆっくりと新門司港を後にする。総移動距離3000kmに及ぶ長い長い旅がこうして始まった。
a0035592_1245321.jpg

[PR]

by sasurahi | 2006-05-09 00:07 |