さすらひの暇人の気まぐれな旅日記


気の赴くままに。
by sasurahi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2007年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧


ブログ引越しのご案内

 もうかれこれこのブログを立ち上げて4年が過ぎようとしている。以前の投稿でも書いたような気がするが、やはり記録を残し続けていく事に意味があるように思える。記憶は風化していくし、逆に経験は人を変えていく。そう簡単に人は変わらないとも言うが経験の前後で実はほんのわずかづつ変わっているわけである。その積み重ねの結果昔と比べて大きく変わっているわけだが、本人は自覚がないし、よく会う周りからみると僅かな変化で分からない。そんな変化を見て取れるのが記録なのだと思う。その時何を見て、何を感じ、自分はどう思ったのか、後で読み返すとよく分かる。いわば21世紀の日記帳なのだろうか。
 そんなブログも4年間続けると容量が少なくなってきて、もう間もなくいっぱいになりそうだ。というか話の流れを作るためにこう言ったわけだが、結論から言うと今時のブログにしては容量が少なすぎる事が問題のような気がする今日この頃である。んなわけでこれ以上写真を上げることが難しくなってきたので、ブログの引越しを考えている。引越し先は下記の通り。

 お気づきの方は既にお気づきだろうが、実は半年ぐらい前からリンクに引越し先が貼り付けてあった。新しいブログに慣れるため、使い勝手を把握するため、記事を少し書き溜めたかったために特に案内は出していなかったのだが、流石に限界にきているのでこれを機に今回移ろうと思う。
 以後、新しいブログ先にて投稿を続けて行きます。今後ともよろしくお願いいたします。
[PR]

by sasurahi | 2007-05-28 23:49 | その他

黄砂

 先週末、北京で黄砂が発生したとニュースがあったので、これはまた日本に来るかと思いつつ、昨日はその事をすっかり忘れてしまっていた。昨日はいい天気という事もあって久々にドライブに行ったのだが、しかし空は青いにもかかわらず、なぜか景色が霞んで見えるのだ。なにだろう?・・・と考えて、黄砂のニュースを思い出した。途中の道の駅に寄って、よく車を見てみると、確かに黄色い砂らしきものが見える。なるほど、数日遅れで遥々遠く中国から風に乗ってこの砂は運ばれてきたわけだ。
 僕はついついエリア毎に閉じてニュースを読みがちである、特に国が跨ると。が、この御時世、エリアで閉じている事の方が少ないのかもしれない。ましてここ九州は東京よりも韓国の方が圧倒的に近いのである。今回の黄砂はわかりやすくて、また人間の生産活動とは関係ない自然の出来事なわけだったのだが、色々なエリアとの関わりがあって、その結果あるニュースは起こっているのかも、とふと考えたりした。当たり前といえば当たり前の事だが(苦笑)。
[PR]

by sasurahi | 2007-05-27 11:34 | その他

大山

 伊吹山の次に八ヶ岳に登ったのだが、八ヶ岳に関しては2005年9月の投稿を参照されたい。ということで、ようやく2006年の登山の紹介となる。2006年の最初の登山は大山だった。
 大山は鳥取にある山で、中国地方で唯一の百名山である。大山は総称で、頂上は弥山の1711m、最高峰は剣ヶ峰の1729mなのだが、現在では崩壊が激しく弥山から剣ヶ峰への登山道は立入禁止となっている。ちなみに読み方は"だいせん"というが、この地方では”山”の事を方言で”せん”というようである。なので頂上の弥山は"みせん”と呼ぶようだ。裾野を長く引いた容姿のため、出雲富士との呼び名も持っている。(※るるぶの"深田久弥の日本百名山[下]”より)
 大山へは2006年5月6日に登山している。やはりこの日も微妙な天気で限りなく曇りの中に少し晴れ間が覗いている、そんな状況だった。話すと長くなるのでここでは割愛するが、実家まで車で帰っていたので、途中敦賀で友人を乗せて、鳥取で一泊し大山の登山口まで来ていた。下写真は登山口前の神社へ続く参道より。
a0035592_2320041.jpg

 登山開始から森の中を歩いていたが、暫くすると木々の間から大山の雄姿が見えた。が、案の定、頂上付近は雲がかかり始めていた。とことん雨男である(^^;。
a0035592_23295427.jpg

 登山口から山頂までの標高差は1000mで比較的歩きやすく、難易度もそれほど高くない。登り始めて2時間強で弥山山頂に辿り着いた。毎回のこととなってきたが、山頂は真っ白で周りは何も見えない(笑)。
a0035592_2337303.jpg

 それでも下山しようかと思い始めた頃、少しだけガスが晴れて、わずかに視界が開け平野と遠くに日本海が広がって見えた。久々に見えた山頂からの眺めであった。やはり登山は山頂からの眺望があってこそその醍醐味が味わえるものである。
a0035592_23442499.jpg

 下山では少しルートを変更し、切り立った崖が山頂まで壁のようにみえるところを横切っていったのだが、その時バキバキバキととても嫌な音が切り立った崖の方から聞こえた。音の方向を見ても分からなかったが、おそらくは崖が崩壊した音なのだろう。
a0035592_045263.jpg

 ああいうときはあまりにスケールが大きくて自分達がどういう状況に置かれているのかわからず怖さで一瞬身が固まってしまい、動けないものであることを実感した。幸いにして音はすぐに収まり、わずかな崩落で済んだようだ。長い地球の歴史から見ると大山はもう消えつつある山のようで、あちらこちらで崩落が起こっているらしい。途中に崩落注意の立札が立てられてあった。
 そんなちょっと驚かされた大山登山であった。
[PR]

by sasurahi | 2007-05-12 23:21 | 登山

営業利益2兆円??

 というニュースが、先日流れていた。なんでも日本企業ではトヨタが初だそうだ。売上高24兆円、営業利益2兆2300億円、最終利益も1兆6000億・・・販売台数も利益も世界一なのはほぼ確定との事だ。金額があまりに大きくピンとこないが、テレビで分かりやすい例えを紹介していた。売上高24兆円というとロシアの国家予算に匹敵するらしい。なんとも。。。
 ここまで来ると、収める税金も半端じゃない。そのうち地方にどれだけ収めているかははっきり分からないが、いずれにしてもこれからは名古屋を中心とした中京圏がどんどん伸びて行くのだろうことは想像に難くない。名古屋在住の友人が以前に面白いことを言っていた。”それだけの税金を納めているってことは、逆に考えればトヨタが市政を雇っているのと同じだね”・・・なーるほど、考え方を変えれば確かにそう言う事が出来るかもしれない(^^;。リニアが東京⇔名古屋間にという話があったが、資金の関係で名古屋までというのが大きいのだろうが、もう一方で将来の中京圏を睨んでという意味合いもあるのかもしれないと、ふと感じたニュースだった。
[PR]

by sasurahi | 2007-05-11 22:28 | その他