さすらひの暇人の気まぐれな旅日記


気の赴くままに。
by sasurahi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

長崎街道

 先日の事だ。街に用事があり、いつものように自転車でふらっと出かけた。家から出て少し行くと踏み切りがあるのだが、その数十メートル手前まで来た時だ。タイミング悪く遮断機が下りてきて、全力で行ってもとても間に合いそうもなかった。まぁ急ぐ事もないかと思い、電車が通り過ぎるのを気長に待つ事にした。踏み切りの横には学校があって、待つ間暇だった事もあって何気なく学校の門の辺りを見たときである。なにやら看板が建ててあるのに気が付いた。踏切が開くまでまだ暫く時間があったので、近くまで行って見てみると、それは小倉北区役所が建てた看板で、長崎街道の解説がしてある内容のものだった。
a0035592_23154369.jpg

 今この目の前の道は江戸時代には長崎街道と呼ばれていて、長崎の出島とを結ぶ昔からの道だったようだ。参勤交代もこの道を通って、遙々江戸まで行っていたのだ。昔の人はどんな事を思い考えながらこの道を歩んで行ったのか・・・、この解説を読みながらふとそんな歴史に思いを馳せていた。
 こんな身近に昔の街道が残っていたのには少し驚きだ。しかもそれが今でも沢山の人に使われている。あまりに身近すぎて踏み切りで待たなければ気が付かなかったと思う。今は何事も早くが好まれる時代だ。しかし早くて一番身近な事を見落としているのかもしれない。今回の事に限らず他のいろいろな事に関しても、ふと立ち止まってみると身近にまだ気づいていない新しい発見が実は沢山あるのではないか・・・、そんな気がした今日この頃であった。
[PR]

# by sasurahi | 2007-03-29 23:20 | その他

何気ない日常

 今週末の予報は雨だったが、その通り今日は朝から雨だった。インプラントのケアのため、一年に一度は必ず歯医者でケアをしてもらっているが、三月に入ってからそのケアのため週末は歯医者に通っている。今日も朝から予約を入れており、行かねばならなかったのだが、この雨である。普段は自転車で行っているところを手を抜いて車で出かける。皆考える事は同じらしく、歯医者の駐車場はいっぱい。近くにTSUTAYAがあるのでその駐車場に停めて雨の中を少し歩いた。雨は雨でも今までの冷たく寒い雨とは何か違う。なんとなく空気が梅雨を思わせるようなそんな暖かい雨だった。ここにも春の足音を感じた気がした。
 歯医者の後、こんな日は家で引きこもるしかなさそうなので、何か暇つぶしになるものはないかと、ついでにTSUTAYAに立ち寄ってぶらぶらしミーハーなアルバムを一枚買って家に帰った。曲を聴きながら久々に本でも読もうかと以前に買ってあったクライマーズ・ハイという小説を読み始めた。眠たくなるかと思ったが、流石にベストセラーな小説だけあって結構面白く、いつの間にか引き込まれていた。日航機墜落事故に関わった群馬の地方新聞社内での人間模様が描かれてあったが、最後の方には思わずじんとくる箇所があって、色々と考えさせられる小説だった。
 僕の普段の何気ない日常の一コマを綴ってみた。改めて文章にしてみると良く分かるが、なんとも無駄な時間の過ごし方である(^^)。が、この無駄がメリハリを与えてくれるのだ。遊ぶ時は遊ぶ、仕事をする時は仕事をする。そうしないと息が詰まってしまう・・・そんな当たり前の事に僕は大人になってから気が付いたのだ(笑)。
[PR]

# by sasurahi | 2007-03-24 23:38 | その他

もうすぐ春。。。

 3月に入り、あの暖かさはどこへ行ったのか寒い日が続いていたが、先日福岡でも桜が開花し、うっすらと春の匂いが感じられるようになった昨今である。3月に入ってちょっとバタバタしており、今月初投稿となった。
 3月5日に浜岡まで出張があった。ちょうど週初めという事であったので、土日と寄り道して行こうと考えていた。以前に名古屋の友人から奈良に面白い遺構があると聞いていたので、今回奈良に寄り道を計画していたが、僕も友人もタイミング悪く仕事が土曜にずれ込み結局目的地を京都へ変更。4日の日曜に京都を散策する事となった。ちょうどこの頃は梅が満開の時期で、梅で有名な北野天満宮は人で溢れかえっていた。白から赤まで木々によって異なった様々な朱の色が境内に映え、建屋の朱ととてもうまく調和していた。なかなか風情がある。
a0035592_22242661.jpg

 さて、京都といえば、JRのCMのあの曲"My Favorite Things"が有名だ。元々はJAZZの曲らしいが、クラリネットのあのメロディーのものが急に欲しくなった。誰が演奏しているのだろうかと調べてみると、赤坂達三というクラリネット演奏者だった。早速着歌のダウンロード。友人に京都で、最近着信音を変えたんだけど・・・、と聞いてもらったところ、ニヤッと笑いながら、それはいいんだけどさぁ~・・・と一言。前日から仕込んでいった渾身のネタだったのだが(笑)。冗談はさておき更に色々調べてみるとオムニバスアルバム、イマージュ2に収録されていることを知り、その後CDを借りてきて、ポータブルプレーヤーに入れている。通勤途中に聞いているが曲が鳴る度に、”そうだ、京都へ行こう!”という気持ちにさせられるのは、CMの力である事は間違いない。恐るべきCMである。
[PR]

# by sasurahi | 2007-03-23 22:25 |

世界一小さな火山

 山口県萩市に世界一小さな火山がある。その山の名は笠山という。萩市の北東に位置し標高112mで火口の直径は30m、深さは30m。日本海側に突き出した所にあるため、そこから眺める景色はなかなかのもであると地図を眺めていたら書いてあった。
 2月12日の連休最終日は快晴で一瞬春かと思うぐらいのポカポカ陽気だった。こんな日は僕はどうしても車に触っていたいという衝動に駆られる。という事で、朝っぱらから洗車をし、その勢いでどっかに出かけようと決めていた。中国地方は下道ではまだ行った事がなかったので、山口を日本海側からぐるっと回ってみようかと思いながら地図を見ていたとき、その笠山が目に入った。山好きの僕としてはこれは行かねばなるまいと、目的地をそこにすることにした。なんだかんだしているうちに出発が遅くなり、お昼ちょっと前の出発となった。初めて関門トンネルを通ったが通行料は150円。トンネルは片側一車線しかなく、ちょっと狭い感じである。トンネルを抜けた後はひたすらに日本海側をぐるっと回って走る事3時間。ようやく萩市の外れの笠山についた。山頂までは車で登って行く事が出来、頂上の駐車場には想像以上に沢山の車が止まっており、ここが観光スポットなんだなということを実感させられる。頂上の展望台からの眺めは流石に書いてあった通りで、なかなかのものだった。早速写真に納めたが風景がいいので自然にベストショットとなった。
a0035592_0131437.jpg

ついでに火口も上から撮ってみたが、良く分からない写真となってしまった。。。というか、実際の火口を自分の目で見てもパッと見た目が"らしくない"のだ(笑)。横に"ここが火口である"と解説してあるから分かるものの、何も無いと単なるくぼ地かちょっとした洞窟にしか見えない。流石に世界一小さいだけの事はある。
a0035592_0223070.jpg

 帰りは内陸を通って太平洋側へ向かい、その後国道2号線をまっすぐに帰って来た。世界一のものがこんなところにあるのには少し驚いたが、身近な世界一に触れられて、小さな幸せを感じる今日この頃であった。
[PR]

# by sasurahi | 2007-02-14 00:31 |

DIY

 DIY・・・Do It Yourselfの略らしいが、自分で自分の生活空間を良くしよう!という事のようである。日曜大工もこの中に含まれるようだ。
 引越しして以来、実はテーブルが無かった。色々な店を見て回ったが、どれもいまいち。大きすぎたり、高さが高すぎたり・・・。というのもフロアソファーなのでかなり床に近いために、あまり大きかったり高さが高かったりすると、横になった時、邪魔になってテレビが見れないのだ。しかもテレビをPCモニタとしても使っているために、キーボード&マウスをテーブル上にいつも置く事になるが、同時にご飯もそこで食べる事にもなるので、その時は邪魔になる。今までは小さな本棚を横にしてそれを無理やりテーブルにして使っていたがいい加減にちゃんとしたものにしたいという事で機能的ないいテーブルはないかと、最近再び探し始めていた。が、しかし、やはりいいものは見つからない。というかこんないろんな条件をクリアできる都合いいのものは早々あるものではない。ならば、DIYである。
 早速、近場のホームセンターへ出かけた。TOPを75cm x 45cmぐらいの板にする。横も板にして、これでは安定性に欠くので、下にも板を取り付ける事にした。ちょうど、長方形のボックスを作るようなイメージである。ボックスにする事で収納スペースとなって、これもまた便利がいいのである。キーボードとマウスはどうしたものか・・・と考えながら店内を見ていると、最近は色々な物があって、スライド用の冶具なるものが売ってあった。これだ!とひらめいて、スライド式のテーブルを付ける事にした。ちょっと小さめの60 x 30cmの板を買いこれをキーボード&マウスのスライドテーブル用にすることにした。
 帰って組み立て始める。スライドテーブル用の板を適当な大きさに合わせる為にノコギリにて切る。久々にノコギリを使うので最初はうまく出来るか不安であったが、しかしやってみると思った以上に簡単であった。夕飯を食べる事も忘れて、組み立てに没頭する事4時間。ついに完成した。流石に自作だけあって大きさも高さもちょうどいい。キーボードもマウスも、スライドテーブルなので邪魔な時はすぐに片付けられ、なかなか機能的で自己満足の結果となった。後は表面にワックスを塗りたい所である。明日あたりワックスを探しに行ってみようかと考えている。
 しかし、たまにはこういうことも悪くない。普段考えないような事を考えて、リフレッシュにもなる。昔から趣味として日曜大工があった理由が分かったような気がした(^^)。
[PR]

# by sasurahi | 2007-02-11 04:37 | 趣味

体力維持

 まだ食後少し腹痛あるも、かなり回復してきて、ようやく腕立て伏せが出来るまでになった。ということで、今週から久々にトレーニングを再開した。腹に力が入れなくてすむトレーニングは軽くは続けていたのだが、腹痛になった先月の13日から腕立てはしていなかったので、腕の裏が久々に筋肉痛になった。筋肉痛になるとなんとなく運動をしたという自己満足に浸ることが出来るものである。
 28歳秋から始めたトレーニングももう2年半続いている。飽きっぽい僕にしては珍しい。努力の甲斐があってか4年ぐらい前に16%を記録した体脂肪率も年々下がっていき、去年の健康診断では12%まで下がった。まぁ、骨と皮と言われてしまえば、それまでなのだが・・・(笑)。それでも体重は4年前とまったく同じなので、その分だけ筋量が増えたのだろうか。マッチョになる事が目的でないがまだトレーニングで筋量が増やすことが出来る年齢なのだと実感でき正直うれしいものだ。
 久々に身体をよく動かしたが、やはり身体を普通に動かせる事はとてもうれしい。身体が不調になって初めて、普通である事の、健康である事のすばらしさを実感できる。いつもの何気ない日常に、実は何気ない幸せが沢山あるのだと、こういう時に心から実感させられる今日この頃であった。
[PR]

# by sasurahi | 2007-02-09 00:49

PCサクセスが倒産

 PCサクセスが倒産したらしい。いきなりの倒産だったようで、債権者が店に来て一時緊迫の雰囲気だったようである。また俺コンハウスも廃業をしていたのをそのニュースを読んでいた時に知った。
 学部生の頃(十年前になる)に足しげく通った秋葉であったが、もう僕の知っている自作PCパーツ屋さんはほとんど無いのではないだろうか。ハイスペックなPCを割安で作れてしまうということで一時代を築いた自作PCであったが、ハイスペックに対してのユーザー側からの魅力が少なくなってきている事に加えて、メーカーPCが安くなっている事もあり、自作をする魅力がほとんど無くなって来ている昨今である。そんな時代だけに、パーツ屋さんだけでは厳しいのが現状なのだろう。
 自作PCに夢中になっていた頃、親戚のおじさんがこんな事を言っていたのを思い出す。昔のテレビが出た時のようだ、と。おじさんも東京に居た事があったとの事で、その時はテレビが発売され始めたばかり。秋葉にはズラッとテレビの部品屋さんが並んでいて、部品を探しに良く足を運んでいたらしい。1chip化が進み部品点数が少なくなりメーカーで安く作れるようになってくるとそういったお店も無くなっていったようである。今のPCのパーツ屋さんとは少し状況が違うが、本質は同じように思う。結局のところ歴史は繰り返しているわけで、少し寂しい気もするがこれもまた時代の流れの内なんだろうとこのニュースを見てふと感じた。
 
[PR]

# by sasurahi | 2007-02-05 01:36 | その他

腹痛

 今月の13日(土)夕方から右腹部に突然激痛が走り、その日はのたうち回って一睡も出来ず、14日(日)の朝にようやく少し痛みが和らいで数時間眠るも、すぐに目が覚めるという散々な事態になった。救急病院に行こうかと思ったがとりあえず我慢して、結局15日の月曜に全休をとって総合病院に行った。しかし結果は異常なしとの事で原因不明であった。あれから2週間が過ぎようとしている現在、かなり痛みは和らいで普通に眠れるようになったが、食後は未だに息が一瞬止まるような痛みが右腹部に続いている。だいぶ良くなったとは言え、痛みが続いており、原因不明なところが気になるところである。・・・とブログで訴えたとしても、痛みは本人にしかわからないし、なんの解決にもならないのは分かっているのだが(苦笑)。今後も続くようなら、更に追加で検査が必要かもしれない。
[PR]

# by sasurahi | 2007-01-26 00:10 | その他

年始

 年始は、久々に家族と過ごしていた。妹が友達に貰ったというルービックキューブがわざとらしくコタツの上にあって、元旦当日から僕はまんまとその罠にはまっていた。ルービックキューブはその組み合わせが星の数ほどあって、普通にやっていてはそろえる事が難しい。しかし、ある法則にしたがっているようで、それを理解するとそろえる事が簡単である・・・という事がマニュアルに書いてあった。そろえ方もある程度書いてあったのだが、そのマニュアルを読み解くのが難しい。というか説明の仕方が悪い様に感じた。コタツにもぐりながら、みかんをかじって、ルービックキューブをいじりだす。最初は数時間かかって揃えていたが、最終的にはマニュアル見なくても数分で揃えられるようになった。元旦丸一日触っていたら家族は呆れ顔だったが、2007年初めての課題をクリアである(笑)。2日は初詣と買出しに出かける。初詣ではおみくじを引いたが今年は小吉だった。去年一昨年と大吉だったが大吉だとろくな事が無く、なんとなく安心感があった。書いてあった事といえば、”気の迷いが生じやすい、雑念に囚われず真っ直ぐに自分の道を進むべし”というような内容だった。年始というタイミングで場所が実家だから気が緩んだのか風邪を引いたらしく、3日の晩ぐらいからめまいがし始め、4日は丸一日完全にダウンしてしまった。頭の位置を固定しているとめまいはほとんどしないのだが、寝返りとか少しでも動かすと、世界がひどく回りだす。小さい頃に朝起床した時よくなって、たいていは午前中ぐらいで治まるものだったが、ここまでひどいめまいに襲われたのは久々だった。昼間爆睡して身体が回復してきたのか夜になってようやく立ち上がれるぐらいまで復活した。そして6日に富山を発ち、北九州への帰路の途につく。ただし途中東京、名古屋を寄り道していった。
[PR]

# by sasurahi | 2007-01-17 23:57 | その他

2007年初投稿

 気がつけばすでに新年になって半月が過ぎようとしているが、2007年になっての初投稿となる。本年もよろしくお願いいたします。
 毎度の事ながら年末はバタバタしていた。さすがに師走といったところか。どこの会社でもある12月に入って週に1~2回のペースの連ちゃんの忘年会をクリア後、28日に帰省したがその日は冬の嵐で北陸本線がストップ。京都で足止めを食らってしまった。結局臨時電車が動く事になったが、満員電車なのはいうまでもなく、金沢までの2時間半は立ちっぱなしで、こういう時にはやはり地元までの距離を実感してしまう。昔にあったどこかのクイズ番組ではないが、まさに気力・体力・時の運といった感じだろうか(笑)。
 帰省した僕の年末ライフは、地元の友人、帰省してきている友人らとの再会に終始した。去年も小学校からの付き合いとなる友人らと夜中まで飲み明かしていたが、今年も夜中まで飲み明かし、その次の大晦日には金沢に帰省してきている高校時代の友人と金沢駅周辺を散策した。一応このブログでは旅をテーマにしているので、友人と散策した金沢駅周辺について簡単に紹介しようと思う。
 金沢駅周辺は今再開発が進んでおり、毎年来る度に様相が変わっていく。そんな再開発が進んでいる駅前にフォーラスという駅に隣接したショッピングモールが先日オープンしたという事で行ってみることにした。フォーラスは金沢駅東口にあり、7F建ての建物である。入っている店舗数は180を越え北陸ではかなり多いではないだろうか。けど、感想はというと正直うーんという感じであった。レディースは違うのかも知れないが、メンズだけを見る限りは僕らのような一般ピープルには手が出せない代物が多かった。カジュアルなところでは例えばリーバイスが入っていたが、種類が少なく、全体的に期待したほどのものはないといった印象であった。北陸新幹線開業に合わせて金沢を高級ブランド街にする計画があるらしい事も噂で聞いたが(本当か嘘かはわからない)、これからどんどん人口が減っていくのに果たしてそれでうまくいくのかは疑問に感じる所もある(金持ちがいっぱい居るなら話は別だが)。僕個人的にはもう一度来たくなるような、"オシャレ"と"らしさ"をうまく生かした街になるといいなとなんとなく思う。まぁ情報化も進んで、日本どころか世界中の情報がリアルタイムで入るようになっている今日この頃だけに、他地域との差別化が難しくなってきている現実もあるのだとは思うが。話はそれてしまったが、フォーラス1Fにスタバーがあったので休憩ついでに入ったのだが、そこに金沢オリジナルスタバーのカップがあったので、思わず衝動買いしてしまった。僕は旅先ではご当地オリジナルの、そこでしか手に入らないだろうアイテムを探し回るのが趣味なのだが、そんなアイテムがふとしたところにあったりするものである。
 金沢駅構内の1Fにはデパ地下のように名産と食品を中心としたお店が入っている。中に入ると間もなく正月という空気が伝わってきて、とても活気に満ち溢れていた。かぶらすし、佃煮、和菓子にます寿司、金箔装飾品まで、金沢だけではなく、富山、福井の名産も並んでいる。北陸の中心だけあって北陸の名産品に溢れているといった感じである。うまく言葉に出来ないがこの独特の空気が個人的には気に入っている。全国各地を旅してきたがここは金沢という感じがするのだ。僕はフラフラと見て歩きながら、実家へのお土産を考えていたが、ありふれているがごりの佃煮が有名なので無難なところで買って帰った。こうして僕の2006年の最後の旅は金沢で締めくくられることとなった。
 年始に関しては、かなり長くなってしまったので、また後日。
[PR]

# by sasurahi | 2007-01-13 13:30 |